ロキソニンは何に効果のある薬なのか?

腰痛に悩まされる男性

ロキソニンは非ステロイド性消炎鎮痛剤で炎症を鎮めたり、痛みをやわらげる効果のある薬です。
炎症を鎮める作用のある薬の代表はステロイド剤で強い作用のある薬ですが、消炎鎮痛剤としてはステロイドを主成分としたものと、ステロイドを含まないものとに分けられており、ロキソニンはステロイドを含まない非ステロイド性の消炎鎮痛剤に分類されます。

ロキソニンの主成分はロキソプロフェンで解熱鎮痛消炎剤の中でも特に使用者が多く有名な薬のひとつです。
ロキソニンは色々な病気で使用されることがある薬で、特に腰痛や関節痛、リウマチがある人に多く使われています。
しかし、これらの痛みを伴う病気の場合には使用期間が長期になってしまうことが多く、長期間飲み続けることで副作用が出現してくることもあります。

ロキソニンの副作用は腹痛、吐き気、胃の不快感、食欲不振などの消化器の症状が代表的なものです。
消化器症状は悪化すると胃潰瘍などを起こすことがあるため注意が必要です。
痛みを抑える効果がしっかりとあることに加えて、消化器への負担も大きい薬なので、ロキソニンを服用する時に消化器系が弱い人は最初から胃の薬を同時に飲んでいる人が多いようです。

ロキソニンはプロスタグランジンという物質が作られるのを阻害することで効果を発揮しますが、プロスタグランジンは炎症を起こし、痛みを増強させる作用のある物質です。
腰痛や関節痛、リウマチの病気がある人は痛みがでる部位に炎症が起こりやすくなっているか、もしくは炎症を起こしてしまって痛みが出ている状態です。
その時にロキソニンを服用すると、プロスタグランジン合成が抑制されて痛みがおさまっていきます。

ロキソニンはロキソプロフェンという成分でできており、すぐに効果がでる解熱鎮痛消炎剤としてとても人気があります。
素早く症状をおさめてくれるのと特に痛みを抑える作用に優れていることが特徴で、長い期間痛み止めとして服用している人がたくさんいる薬のひとつです。

ロキソニンを服用した際の副作用

ロキソニンの副作用で最もよく起こるものが胃の不快感などの消化器の症状です。
こういった消化器系への副作用は他の解熱鎮痛消炎剤でも同様にあるもので、痛みや炎症を抑えようと思うと胃腸への働きが強くなり過ぎる傾向があります。
ロキソニンは他の解熱鎮痛消炎剤に比べて胃腸への副作用が出にくく作られており、これは薬の作用が体に入った時点では働き出さず、体に吸収されてから薬の効果がでるような作りになっているからです。

そうはいってもロキソニンを服用し続けている人の中には、胃や腸への症状が出てしまい、ロキソニンを服用する時には同時に胃腸薬を処方してもらっている人が多いようです。
副作用への予防策として事前に胃腸薬を飲み始めておけば、消化器の状態がひどくなってしまいロキソニンが飲めなくなるという事態にならずに済むでしょう。

他にロキソニンの副作用としては、むくみ、発疹、蕁麻疹などがあります。
それ以外には長期間使うことで腎臓や肝臓の働きが悪くなることもあります。
喘息のような症状が出てしまう副作用もあるのでアレルギー体質の人は注意が必要です。

ロキソニンは病院で処方してもらって手に入れる処方薬と処方箋がなくても買える市販薬との両方があります。
それぞれに服用回数などに違いがあるため使い方をしっかりと確認してから使うようにします。
処方薬の場合には使い方は医師の指示に従い、市販薬の場合には薬剤師に確認するなどしましょう。

ロキソニンは消化器の副作用が出やすいという特徴がある薬ですが、胃薬を併用するなど副作用がでないよう対策をして使用することで、起きている痛みをコントロールできる薬です。
解熱鎮痛消炎剤の中でも痛みを抑える作用に優れているので、痛みのある病気の時に使うと効果を発揮します。