ロキソニンは頭痛、片頭痛に効果がある?

頭痛に悩まされる男性

頭痛の種類は主に、片頭痛と緊張型頭痛、群発頭痛と3種類あります。
日本人の頭痛の症状で一番多い症状が緊張型頭痛となります。
15歳以上の5人に1人がこのタイプの頭痛に悩まされています。
緊張型頭痛は頭の周りや首の後ろから肩と背中にかけて、筋肉が緊張している状態が続くと起こりやすい特徴があります。
肩こりや眼精疲労などによって筋肉が硬くなり、血の巡りが悪くなっている証拠でもあります。
痛み方は後頭部を中心に起こりやすく、頭の両側や首筋など頭全体に圧迫感のある痛みが伴います。

緊張型頭痛に関してはロキソニンがよく効きます。
ロキソニンは非ステロイド消炎鎮痛薬で、抗炎症作用や解熱作用、鎮痛作用を持っています。
ロキソニンには痛みの原因となる物質に加わろうとする成分をブロックし、痛みを生み出さないように抑制する働きをします。
その為、炎症からくる痛みには効果を発揮します。
筋肉の緊張をほぐすには肩や首など凝っている部位を温めると良いでしょう。

一方、痛みが軽い時であれば効くことがありますが、ロキソニンは片頭痛や群発頭痛には効果がない事が多いです。
片頭痛も女性に多い頭痛で、生理前などによって痛みが伴いやすい傾向があります。
また片頭痛はストレスや疲れによって起こることが多く、脳にある血管が血管膨張を起こして痛みを伴うのが特徴です。
片頭痛は片方もしくは両方のこめかみ辺りに、脈を打つような痛みを感じます。
日常的な動作をしているだけでも頭痛が悪化し、吐き気がする場合もあります。
普段は気にならない様な、光や音にも嫌気を感じる事もあります。

頭の中でも一番大きな神経である三叉神経が刺激されて片頭痛が起こります。
三叉神経が刺激されると神経伝達の物質が放出されて血管の周りに炎症が起こり、更に脳の血管が血管膨張します。
この刺激が大脳に達すると痛みとして認識されるようになります。
ロキソニンには炎症を抑える効果があるものの、血管膨張を改善させる効果は持っていないので一時的に炎症の痛みを和らげる事は出来ますが、根本的な治療薬としては効果が得られないでしょう。

片頭痛に効果のある治療薬

片頭痛を抑える為には専用の治療薬があります。
片頭痛に関しての治療では薬物中心となり、トリプタン系剤が効果的です。
痛みが起きてから服用するのが条件で、予防では使えない治療薬になります。
逆に緊張型頭痛には効果がないので、頭痛のタイプによって使い分ける必要があります。

今起きている頭痛が、緊張型頭痛なのか片頭痛なのか見極めることが非常に重要になってきます。
どちらのタイプの頭痛なのか分からない時は頭を左右に軽く振ったり、お辞儀をしたりと頭を動かして痛みが増す様であれば片頭痛である事が多いでしょう。
他にも片頭痛は痛みだけでなく、吐き気や光過敏などの症状が出る場合もあります。

トリプタン系剤は三叉神経の周辺の炎症を抑える効果に加え、脳の血管を収縮させる作用を持っています。
痛みを感じたら直ぐに服用することで効果を発揮します。
しかし、飲むタイミングなど使い方が難しい事もあり、自己判断で使うのは危険とされている事から市販されていません。
頻繁に使用すると薬物乱用性頭痛を引き起こす可能性が出てきます。
その為、使用するには医療機関で診察を受け、処方して貰う必要があります。

トリプタン系剤には水無しで飲めるタイプや点鼻薬もあるので吐き気を感じて水が飲めない状態でも服用しやすいメリットがあります。
自分で注射をする皮下注射薬は即効性があり、服用が遅れて痛みが酷くなってしまった後でも効き目に期待が出来ますが、事前にトレーニングが必要になります。
処方してもらう時にどのような形状の薬が良いのか、医師に相談してみると良いでしょう。

トリプタン系剤が使えない場合があります。
血管を収縮させる働きを持っている為、血管に関わる病気や脳梗塞、狭心症などの病気がある人は病気が悪化する危険性もあります。
重い高血圧や重い肝蔵病がある人も控えるようになります。