痛み止めの代名詞はロキソニンとボルタレン

痛み止めの薬

日ごろ痛み止めにロキソニンを使っている人が最も試してみたい薬がボルタレンと言われ、有効成分の違いや同系統の薬であるロキソニンとの作用の比較などに高い関心を寄せています。
ボルタレンは有効成分ジクロフェナクナトリウムが持つ強力な抗炎症作用によって、熱や痛みを効果的に抑える抗炎症薬です。
ほかの解熱鎮痛薬では難しい激痛の緩和にも有効とされ、手術後や抜歯後の痛み止めとしても処方されるほど高い効能を持っている薬です。

錠剤もドラッグストアなどで購入できるロキソニンと違って、ボルタレンは有効成分ジクロフェナクナトリウムの作用が強いため錠剤と座薬は劇薬指定となっており、ジェネリック医薬品も含めて処方せんが無ければ購入できません。
ボルタレンはジクロフェナクナトリウムの作用によって、痛み物質プロスタグランジンそのものが生成される過程をブロックして鎮痛効果をもたらします。
薬効の強力さと、使い続けることで耐性がつくため常用には不向きで痛みが強い期間のみ使われる薬です。

ロキソニンもボルタレンもNSAIDsと呼ばれる系統の薬です。
NSAIDsは非ステロイド系抗炎症薬の英語表記の頭文字を取った略称で単に痛みを和らげるだけでなく、消炎と解熱にも効果を発揮します。
非ステロイド系の抗炎症薬は炎症を引き起こす痛み物質プロスタグランジンの生成に関わる酵素の働きを阻害するといったメカニズムで消炎・鎮痛・解熱効果をもたらします。

ボルタレンに含まれるジクロフェナクナトリウムはNSAIDsの中でも特にプロスタグランジン阻害に強く作用するため、胃粘膜保護などの役割も担っているプロスタグランジンまで抑制されてしまうため、服用期間が長引くと胃かいようなどの副作用が生じるリスクが高まります。
ボルタレンの一日あたりの服用限度量が成人で100ミリグラムとされ、長期服用が好ましくないと言われるのは薬に耐性がつくことに加え、胃腸に生じる副作用を避けるためです。

ボルタレンの有効成分ジクロフェナクナトリウム

ボルタレンの有効成分ジクロフェナクナトリウムはNSAIDsと略される非ステロイド系抗炎症薬で、解熱鎮痛、消炎作用を持つ数ある薬の中でも格段に高い効能を持つことから、特に錠剤と座薬はジェネリックも含めて病院で医師の診察を受けたのちに処方される薬しか無く、ロキソニンのようにドラッグストアなどでは購入できない薬です。
痛み物質プロスタグランジンの生成を効果的に抑制する働きが強いため、服用にあたっての注意点が多いためでもあります。

副作用が起こりやすくなる理由はボルタレンに含まれるジクロフェナクナトリウムが持つ優れた抗炎症作用をもたらすメカニズムにあり、痛み物質プロスタグランジンの生成を効果的に抑制する効能が、胃かいようなどが起こりやすい状態を招いてしまうことにあります。
ボルタレンが街のドラッグストア等では購入できないのもその点にあり、日常的な痛みが起こる度に服用するタイプの解熱鎮痛薬と同様の使い方をすることには向かない薬です。
手術後や抜歯後の最も痛みが強い期間に処方され、痛みが和らぐ頃には他の痛み止めに変更されるなどの措置が取られます。

強い作用を持つボルタレンだけに飲み合わせに注意しなくてはならない薬も少なくなく、一部の利尿薬との併用が禁止されているほか抗血栓剤や降圧剤、抗うつ薬や抗不安薬など、成分によっては併用で重い副作用が起こる種類もあり注意が必要です。
痛みがあまりに強いからとほかの解熱鎮痛薬と一緒に飲むのも厳禁で、同じ非ステロイド系の抗炎症薬だからとロキソニンと併用すると成分が限度量を超えて悪影響を及ぼすリスクが高まります。
ボルタレンは胃粘膜への影響が強いため胃粘膜保護作用を持つ胃薬が共に処方されることも多いほどの強い薬と把握しておくことが大切です。